さて、始めようか。

8月の薬機法改正によって他業種に転職がしやすくなる。

というか、ただでさえ不足してるし、知識のある人材は

高給で働く方が金銭的にメリットがある。

 

ホームセンターも同様。スーパーも。要は自由化と

労働組織がどこの政党を支持しているかも多少ある。

なんというか、体はきついけど深夜に閉まってるうちに

医薬品販売を独占できるのは強い。あと客少ないコンビニは

田舎ならある程度収入を確保できる可能性がある。

 

後は深夜帯で仕事量がどの程度かの問題。客は少ないが

緊急性が高く、夜まで働いているならワンストップで

考えないで買えるメリットはある程度あるだろうし

 

ルール改正で夜だけ勤務でも医薬品販売は可能。

無い商品は後日自宅配送でもよい場合がある。

ただし、おそらく枠は早い者勝ち。もちろん

近くにドラックストアがあるなら検討の余地あり。

 

ここに午前中カバーできる人材がいればさらに良し。

薬はほぼセルフでも資格者がいないと違法。

コンビニ自体地方都市や新店では募集をしている。

さて、あなたが仕切りたいなら悪い話ではないだろうし

 

昔はそれで無駄にいた流通薬剤師もいる。

今度はこちらの番。と思っているけれど

さてはて。先に踏み込んだのは生鮮を強化した側

 

こちらはルールに従ってよりよい条件があるかどうか

探して努力する。開拓する。指揮をとる。出来るか?

正直、登録販売者の価値は会社の運営方針が第一。

 

ならばこちらがそのルールを作ればいい。

開拓者だから。今は我慢。7~8月頃に

動き出す企業はある。都市部や駅内はすでに

始めているところも出てきている。

 

変な話、SVあたりはこのあたりもう動いてる

だって自分が主導権を握りたいから。彼らは

そろそろ動き出す。ボーナス貰ってタイミング的に

ちょうどいいから。そうでなくても地元に戻りたい

人達にとってある程度選択肢が増えるという事は

給与面の上昇についてもプラスになる可能性が。

 

某コンビニは正社員で月25万円出して薬だけ。

本来の資格を十分に活かせる仕事のほうが

いいのかもしれない。

移らなくても給与面はかなり優遇される。

今まで独占に近い状態が崩壊するから。

まずは資格を抑えて、今後の動きを見ていても

悪い話ではないと思う。待とう。動けるようにしよう

 

本屋が潰れたのはコンビニで売れる本を集めたから。

アマゾンも便利だが、目の前で見た衝動には

ある程度ゆさぶられるもんだ。とか来年見たら赤面

してるかもしれないけど、保険はあっても使わなければ

いいのかもしれない。

 

タイトルとURLをコピーしました