一番効く薬を選ぶときに必要なもの。(個人差あり)

結論から言うと「自分がいまどういう状態か専門家に伝える」です
先に治すが先行する気持ちはよーくわかりますが…
その症状はあなたしか分かりません。

もっと言えば、たまーに「本当は薬でなく証明が欲しい」
かもしれない人が来ます。
「自分がいかにつらいか」「自分はもっと動けるんだ」
といった事を店の人に相談したり。

専門家は店なら必ずいます。いなかったら違法です。
「薬剤師じゃないとダメ」であれば
「処方せん受付」と入口に書いてある店にいきましょう。

学ぶことをしている薬剤師さんで
かつ時間が空いている方であればしっかり対応してくれます。
国家資格なので時給で大体5000円くらいですが
それに見合った回答を無料でおこなってくれます。

聞かれたら答えを返すのが「努力義務」ですが
場合によっては調剤が忙しくてそんなに時間が
取れずに登録販売者に引き継ぐ場合もあります。

それは薬剤師さんが一般医薬品で問題が
無いと判断したからだと思ってください
処方せんは薬の説明が必須ですから。

あと、成分名は完璧なんですが
各商品の特徴まで対応できるかと言うとまた違う話に
なりがち。1種類しか配合されていない商品なら
裏の成分表を見たらすぐ理解できるのですが

どうしても複数個の成分が配合された
(かぜ薬なんかはもう凄い数入ってます)
医療用医薬品ってPL顆粒(一般名:パイロンPL)
とか結構限定されてくるんですよ。

胃薬なんかだと消化酵素と制酸剤と粘膜保護の
成分が一緒になってるなんて当たり前。

どこに効くのかといわれたら全部に効くように作っとかないと
昔の救急箱に入らないから。

それが今でも続いているのは売れるから。
(スイッチOTCはそれが少なくなってきている)
※スイッチOTCとは医療用から一般医薬品に認可されたもの

ドラックストアって、医療と商売の両方から見ないといけないんで
小売業として結構高いレベルを求められるんですよ。命預かってるし
実際かゆみ止め納得して買ったらそれが原因でかゆみが出たりしたり。

ここに洗剤やら化粧品、医療用具の知識まで必要ですから。
さらに最近ではドラック&フードと
化粧品・食品の知識まで追加されているのがトレンド。

働いている側からすると凄い対費用効果低いんですよ。
難しいですね~本当に。楽しいと思える方がどうかしている?

実際「自分が薬服用してる」なんてのもザラで
珍しくないんですよ。『薬剤師は薬を飲まない』のは
ほとんど土日祝休みで近くの病院が午後休みならあわせる

薬剤師1人に対して1日何人までという過労勤務を
避けて薬の事故をしないように
正しい生活をしないといけないルールになってるし
体がどうしたら悪くなるかを知ってるから。

それでも労働環境は給与にあわないと見てて感じますが。
これが看護師とかだともっとです。大量退職の気持ちも
わかります。身内にいるので話だけですごいです

本のタイトルは
「まず大量の本の中から目に入ってもらう」というのが大事で、
「肉屋は豚肉を食べない」よーく見たら
「生では食べたらだめ」なんて事も結構あります。
みんな知ってるんですよ。

ただ当たり前すぎて見落としているだけで
なかなか上手いです。

一般医薬品の知識については登録販売者も悪くない。って事です
薬剤師さんに聞ければさらにいいのですが
独占しないようにメモなり取って今の状況を
まとめてるって常連さんは結構多いです。

接客時間が短いので一見いないように見えますが。

早く必要な薬を勧めれるのでこちらとしてもありがたいです。
信用されてるって事だから。

試されてないってのはそれだけで心を開きやすいんです。
一応こちらも人間なんで…
合った医薬品選択できたら大満足な従業員多いです

特に「研修中」と書いてる札の人は特に勉強しているのでぜひ聞いてみてください。
あんまり難しい事とか論破とかしないであげてください。
嫌なこと言った人は連絡網とかですぐ広がって
要注意にされますから。同業者同士の転職多めなのでわかります

いきなり店長レベルに声掛けられるようになったらロックオン済かも?
それか店長に好印象だったかどっちかです。

それまでは思いっきり聞いてみてください。
分かっていても聞いてみて信用してもらうと

お互いに良い関係を築いたり、お得な情報を
こっそり教えてもらえるようになるかもしれません。

その前にまず相手を認めると
自分も認めてもらえる関係であることが大切なわけで。

歩いて行ける店や通勤の途中で寄る店に
知ってる人がいるのは結構重要なのです。というお話。

タイトルとURLをコピーしました