ガルパンおじさん。極まる

いや、もう先に紹介するの出します。
見て分かる人だけでいい。

うん。『小林源文』さんです
この人が『コロコロアニキ』という大人のコロコロに
連載してたらしいんですけど・・・何させてるんだ

そして結構知ってるし。まぁ同じカテゴリーだし
思いつくのは分かる。でも本当にガチの人に頼んで
本気の戦争劇画。本の帯にも『戦争劇画の巨匠が描く』

すごいな。頼む方も描く方も
今まで小林劇画に出てきた登場人物・動物も出てくる
世界観が。ケガしても「漫画なんで1コマで治りました」
基本ガルパンの登場人物、あんまり関係ないです

要は戦車。最後の方でもうRPGでいい。とか言い出す
面白いんだけどファンタジーではない部分が強い
「戦車道」なんて単語たまにしか出てきません

どっちがオリジナルかと言われたらガルパンなんですけど
キャラが全体的に劇画です。戦車や戦場の方が丁寧に書かれてます
最後の方「あーこのくらいの年代の人がみたらこう見えるなー」的
現代のアニメっぽい絵が出てきて楽しい人は楽しい

最後に至っては読切を1本裏表紙から読ませるとか自由です
でも戦車に詳しくなってきたくらいの昔子供だった頃の人達
には面白い。少なくとも自分は面白かったです

こういうのも無いと興味で終わってその先が無いってのは
もったいないかなーとも思うんです。
各種アニメから趣味になった人が次に取っつきやすい情報を
どうやって届けて楽しくやってもらえるかって結構重要なんです

自分はソロキャンプに興味を持って自分でキャンプ場さがして
道具揃えて焚火して。楽しい。その次に何をするかを調べて
ブッシュクラフトだったり薪割り道具を探せたので助かったんですが

これちゃんと最後の灰の処理まで説明あり。助かる
次面白いものが出るまで待つより
そこの面白さを自分でも共有してから再度見直すと
さらに面白さがわかったりする

何か引っかかった時は少し調べてみると次のステップがあるかも
少なくとも探してるうちも楽しいし探し方って大事だと思うので
そういう感じでいきなり中級者向けに行って訳わからんとなるより
何か分かりそう。出来そうなものを探すのも楽しいものですよ

タイトルとURLをコピーしました