焚火と読書

今年初のソロキャンプへ。
といっても昼間に焚き火して温泉入って
だいたい薪もあわせて千円くらい。

家でコーヒー淹れて。だらだらと
本を何冊か持っていってただ読む。
時間の無駄遣いが出来ることに感謝です。

で、読んだ本が


「SDGs」って何よ?と思って買ってみたものの。
少し前にパリ協定とかでもめてるし、果たして一部の国だけでやっても
意味あるもんかな?と思ってたんです。
まぁ、ちょうどソロキャンプと温泉入ってたタイミングなので

この「時間の無駄遣い」をずっとするためには
こういう考えが使えるなー。と。近くに施設があっても
それを利用しないといずれ無くなってしまう。

それこそ「不景気になると若者が都会に出る」割合が増える
限界集落はさらに人が減少する。それを防ぐには働く場所を
提供しないと田舎はどんどん人がいなくなるんで。

そういうのを考えたらド派手な事をするんじゃなくて
こういう小さい幸せを積み重ねて土台にするってのも
悪くないような気がするんです。景気が良くなればいいんですが。

そういう感じも無いし、コロナで偉い人が怒られたり
言うほどセルフレジとかもまだ浸透してない。
今なら理由あるけどなーとか思っちゃうんです。

結構やってる所増えてはいますがなかなか難しいのかなー
レジ袋有料になったり、もうすでにクリアしてる課題も出てるし
やるならというかもうやってるモノも結構あったり。

意識高いとなんかなー。となるけど今やってる事の
延長線にあることはサッとやっといたほうがいいかなと。
出来る事というか「もうしている事」からつなげていった方が
やる気も出るのかなーと。レジ袋からマイバッグとか。

タイトルとURLをコピーしました